Press "Enter" to skip to content

秋葉原には出会い系サイトを風俗感覚で利用しているという猛者もいるらしい

風俗営業法の中の性風俗関連特殊営業は、異性をターゲットのしている業種を規制しています。たとえば男性を客とする風俗店は、これにカテゴライズされます。

ソープやデリヘルなどがこれに該当しますよね。出張ホストなども男性から見た異性である女性をターゲットにしていますので、性風俗関連特殊営業になるのです。

ではもしこれが男性が男性に、女性が女性に性的なサービスを行う事業が存在していたら、風俗営業法はこれを規制できないことになります。

出会い系サイトはインターネットを介して異性の出会いをサポートする事業です。そういった面から風俗営業法の規制を受けてもおかしくはない事業内容なのですが、男女の出会いだけで利用されていない側面もありますよね。

あまりにきつく規制すると、国民の自由な活動を妨げてしまうことになります。法律は最低限の決め事を定めるにとどまり、できる限り介入しないように作られてるものです。

出会い系サイトについても風営法の中に入れてしまうと、ただ単に異性だけをターゲットにしているわけではない「出会いのサイト」との位置づけが難しくなってしまいます。

ですから「男女の出会いを実現するための紹介業」であり、不特定多数が掲示板などを閲覧することができる環境が作られているようなサイトに「出会い系サイト規制法」が適用されるようにしました。

「仲間を集める」ような他の機能が付いていても、「異性の」というのがあれば、出会い系サイトになるよということなのです。

この法律も出会い系サイトのあり方に大きく関わることはせず、児童を性犯罪から守るという目的のみで規制しています。これは年齢確認の義務に、顕著に現れています。

出会い系サイト規制法の場合に年齢確認は「何歳か」ということではなく、「18歳未満ではない」ということを確認すればいいということになっています。

サイト内でクレジットカードを利用するのであれば、18歳以上であるということは確実です。18歳未満の児童はクレジットカードの契約はできないことになっていますよね。

カード会社個々に年齢に関する要件が違いますが、18歳未満は契約できないことが法律で定められています。

クレジットカードを持っているがイコール18歳以上であることが明白ですから、ハッキリした年齢を確認する必要はありません。

とにかく「18歳未満が利用できないようにする」ということをターゲットにした法律なのです。

Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です